ナニワ金融道 集英社版 18

ナニワ金融道 集英社版 18

青木雄二

2億円のクルーザー売買は詐欺だった。釣具屋社長・栗尾とブローカー・浦切は金を持って消えた。栗尾の故郷では手がかりなし。次に灰原は海事代理士の落振(おちぶれ)を訪ねる。風貌はさえないが、落振は敏腕だった。船の所有者・金箔は新興宗教の教祖で、この詐欺にからんでいるに違いないとにらむ…。