斉木楠雄のΨ難 19

斉木楠雄のΨ難 19

麻生周一

燃堂が野球部の助っ人に行くと聞き、師と仰ぐ普通人佐藤君の身を案じて、練習を見物に来た楠雄。だがこの野球部、部員から展開までありがちな「ベタ」の集りだった! いつしか楠雄もその「ベタ」に巻き込まれ…!?